産業保健師に転職する場合に役立つ情報

産業保健師に転職する場合に役立つ情報

一般企業で勤務する産業保健師になるのは狭き門です。 転職するには秘訣があります。 ここでは、産業保健師に転職する場合に役立つ情報についてお話をします。

保健師の中でも企業への転職を希望している人は増えています。 残念ながら求人数はそこまで増えていませんが、転職希望者は毎年増加傾向にあります。 「本当に転職したいのか」とか「転職できて自分が企業にどのよに貢献できるか」……転職前にはこういったことをしっかりと考えておきましょう。

企業への転職は難易度が高いです。 途中で転職を諦める人もいますし、転職できても数年かかるケースも珍しくありません。 最近では大企業だけでなく中堅企業・中小企業でも社内に看護師や保健師を置くところが徐々に増えています。 爆発的に求人が増えているのではありませんが確実に増えているのです。

募集の数は増えていても、社内のコネで採用が決まっているケースも多いと言われます。 転職マーケットに出てくる求人数は依然として少なくなっています。

コネ以外の方法で転職するのは難しく難易度も高いです。 しかし、あなたがしっかりと準備しておけば転職の成功確率を上げることは可能です。 ――では具体的にどういった努力をすればいいのでしょうか?

1番目は<多くの求人と出会うこと>です。 それには転職希望のエリアを小さく絞りすぎないようにしましょう。 地方だと産業保健師の求人は、ほとんどありません。 いずれかの中核都市は転職希望のエリアにいれておくことが大切です。

2番目は<短期決戦と思わないこと>です。 焦ってしまうと転職に失敗してしまいますが、これは産業保健師に限ったことではありません。 転職準備期間を充分に持っておけば多くの求人と巡りあうことができるはずです。

3番目は<モチベーションをキープすること>です。 産業保健師の合格率は低いですから不採用でも落ち込まないことが大切です。 「来年いっぱいに決まればいいや!」みたいに余裕をもった転職活動ならば気持ちにゆとりができます。

求人を探すには看護師や保健師専門の求人サイトが中心になるでしょう。 大手を中心にして3社程度に絞ると効率的です。 ハローワークや新聞の折り込みチラシなんかも案外掘り出し物の求人があったりします。

↑ PAGE TOP