保健師が産業保健師として働く代表的な3パターン

保健師が産業保健師として働く代表的な3パターン

保健師が企業や事業所で仕事をする場合には、さまざまな職場があります。 企業や事業所で働く保健師は<産業保健師>や<企業保健師>と呼ばれます。 ここでは、保健師が産業保健師として働く代表的な3パターンについてお話をしたいと思いますので転職や就職の際の参考になれば幸いです。

1番目は<医務室>です。 企業や事業所に設置されている医務室は、学校で言えば保健室と考えていただくと理解しやすいでしょう。 その勤務先で仕事をしている社員の健康管理をするという大きな目標がある仕事です。

産業保健師を雇う会社や事業所は大きな規模の組織になりますから大抵は医務室がおけるほどです。 大企業ですから福利厚生は充実しています。 近頃では仕事のし過ぎでの過労死やメンタルヘルスが注目されています。 産業保健師はその企業や事業所での仕事が「精神的に無理がないか」、「健康をそこなうようなことはないか」を判断することも必要です。

2番目は<クリニカルディレクター>です。 具体的には医療機器メーカーで勤務する産業保健師になります。 他の産業保健師や行政保健師や学校保健師のように「誰かの健康を直接守る」という仕事ではありません。

クリニカルディレクターの仕事は自社の医療機器の使用方法を病院やクリニックなどの医療機関のスタッフに教えたり、提案型のセールスをすることです。 医療知識よりも医療機器の知識をしっかりマスターして正確に使い方を指導できるようなコミュニケーションスキルが要求されます。

3番目は<CRCやCRAなどの治験関連>です。 「治験」というのは製薬会社が新しく開発している薬の安全性や効果を実証するための活動のことです。 保健師は治験をする製薬会社で治験コーディネーター(CRC)や治験モニター(CRA)と呼ばれる仕事をします。

治験コーディネーターは治験のスケジュールを管理したり、治験対象者への説明をします。 治験全体を見渡して段取りをしたり取りまとめをする役割があります。

治験モニターは治験の番人と言ってもいいでしょう。 治験を実施する製薬会社と治験を行う医師との間に立って調整をします。 治験が正しいプロセスでおこなわれ、治験での正しいデータが製薬会社に上がるようにしなければなりません。

以上、保健師が産業保健師として働く代表的な3パターンをご紹介いたしました。

↑ PAGE TOP