保健師求人-企業保健師として働くことのメリット

保健師求人-企業保健師として働くことのメリット



看護師の職場がいろいろと拡大しているのと同じように保健師の転職先の職種も多岐にわたっています。 今回は一般企業で働く保健師に注目してみましょう。 <企業保健師>とか<産業保健師>と呼ばれたりします。

呼び方はまちまちですが、看護師の場合は<産業看護師>としてひとくくりにすることが多いです。 保健師の場合は<企業保健師>としてひとくくりにすることが多いです。 どちらも民間の会社で勤務する場合の総称として用いられます。 間違わないように求人案内の中身をしっかりと確認してから応募するようにしてください。

企業保健師として仕事ができる業種は次のようなところが代表的です。
・大手企業の中の医務室での勤務
・コールセンターで健康相談をする業務
・新薬が研究開発された際の治験業務や臨床開発モニター業務
・医療機器の開発補助

ここでは、企業保健師として働くことのメリットについてお話します。 企業保健師が人気の業種になっているのは、いろいろなメリットがあるからです。 まず言えるのが<夜勤勤務が少ないこと>と<土日祝日が休みの場合多いこと>です。

病院など医療機関や老人ホームなどの介護系施設では夜勤勤務があるのが一般的です。 そうなると生活が不規則になるのは否めません。 体力的にも精神的にもキツくなってしまいます。

企業保健師になれば勤務形態は、その会社の一般社員と同じ待遇になります。 中には夜勤があるケースもあるでしょうが、一般的には日勤のみの勤務です。 そして土日祝日が休みであることも大きなメリットです。 年末年始・ゴールデンウイーク・お盆休み……しっかりと休暇を取れるのでリフレッシュできます。
日本保健師活動研究会

以上のように、<規則正しい生活ができること>が企業保健師の一番のメリットでしょう。 これ以外にも比較的給料水準は高いです。 福利厚生や各種手当てが充実している面も見逃せません。

企業保健師になるには保健師国家資格が必須です。 そして、それなりの知識は必要とされますから看護師経験・保健師経験は重要視されます。

准看護師の廃止の噂と今後について

准看護師という職業が出来た理由というのは、戦後、看護師が足りなかった時代の名残です。暫定措置として、生まれた資格が准看護師となります。

ですから現代社会においての看護師に貸された高いレベルの看護を思った時、准看護師という資格をなくし、看護師に一本化した方がいい、と言った考え方もあるようです。とはいえ准看護師という資格を持った人は、現在も活躍していますし、准看護師を求める声も少なくありません。

日本看護協会の考えは准看護師制度の終了したいという考えです。それは看護師と准看護師の待遇面の隔たりを改善したいという理由と、看護スキルと地位のアップを望んでいるからです。

准看護師はお医者さまや看護師からの指示を仰いで仕事に向かうものだと言われていますが、現場では看護師同様の業務をこなしています。しかし国家資格と都道府県知事資格の差もあり、待遇面ではどうしても看護師との差がついてしまっているのも現状です。

日本医師会では准看護師制度廃止に関してデリケートな考え方を持っています。突然准看護師が廃止されてしまうと、今まで准看護師が担って来た業務に穴があいてしまいます。そしてなにより病院を運営するにあたって准看護師というのはとても重要な職業です。

准看護師からすると困ったことですが、病院側としては看護師よりも低い給与で雇用できるため、効果的に病院を経営できると考えています。看護師と同じように判断して任務をこなすことはかないませんが、近い業務を担っている准看護師は、日本の医療現場にとってはなくてはならない存在なのです。

准看護師の未来が閉ざされているわけではありません。今ではステップアップして、看護師になる准看護師もたくさんいます。以前は出来なかったことですが、現在では臨床経験が10年以上ある准看護師は、通信教育で看護師になるための教育を受けることも可能になりました。

准看護師になるためには中学や高校を卒業したあと教育を二年間受け、資格試験に受験し、パスできれば都道府県知事から免許を受け取ることができます。そのため家庭の事情で早く自立したい人や、なるべく早く医療の現場に立ちたい人にとっては、とても魅力的な職業です。看護師不足の中、准看護師が占める部分は大変大きいです。

ですから恐らくすぐに廃止になるということは考えられないとは思います。

准看護師の抱える悩みとは

社会人であれば、どんな人でも迷うことはありますし、悩みを抱えています。准看護師さんも同じです。一体どのような悩みを抱えているのか、准看護師さんの悩みを一緒に見て行きましょう。

やはり多いのは人間関係だと聞きます。職場の環境というのは何をするのにも大きいですよね。仕事をする上での利害関係が生まれると、どうしてもトラブルを抱えがちです。自分と同じ考えの人にはなかなか会えないでしょうし、仕事に対する価値観の違い、仕事の進め方、判断基準も人それぞれ違います。

ポジティブに捉え過ぎかもしれませんが、悩みを持っているというのは仕事に対して真剣に取り組んでいる証拠です。准看護師さんの業務は、お医者さまや看護師の支持を受けて仕事に向き合う事になりますので、その指示に納得できないこともあるかもしれません。

このような時はお医者さまや看護師さんとすぐに相談をし、疑問を解消させることが重要でしょう。意思の疎通が出来ていないと、どうしてもチームの雰囲気は悪くなってしまいます。

毎日コミュニケーションがしっかりトレていれば、気持ちも繋がりますし、継続できることによって准看護師さんの評価もアップしていくのではないでしょうか。

他にも人間関係の悩みはあります。知らないところで陰口を叩かれたり、嫌がらせを受けている准看護師さんもいるようです。スタッフの中に話を聞いてもらえるような仲間や上司がいる場合は、話を聞いてもらうことで突破口になるかもしれません。

ですがそこまでの中で気持ちに大きなダメージを受けていることは確かです。溜め込んでしまうことは体にも、周りの雰囲気にも影響してしまいます。好きなことや自由な時間を作って、ストレスを発散するようにしてください。

もしも改善させることが難しいというケースでは、職場との相性が合わないことも考えられます。そんなときは転職するのもひとつの手です。准看護師求人の転職会社などに登録し、プロのコンサルタントに相談してみることをおススメします。

悩みを考えている准看護師さんは、とにかくひとりで悩みを抱え込まないようにしましょう。気持ちを発散させてあげたり、抱えている悩みを信頼できる人に聞いてもらったりした上で、もう1度自分と向き合い考えてみてください。今の職場が全てではありません。自分らしく働ける環境は必ずあります。

↑ PAGE TOP